立身出世を願うこいのぼり

男の子のいる家庭では、子どもの日にこいのぼりを揚げますが、庭がない、あるいは狭いという家ではミニサイズのこいのぼりが利用されています。

のぼりを立てる

立身出世を願うこいのぼり

5月5日のこどもの日が近づくにつれて、男の子がいる家庭では、子どもの健康や成長を願うため、体を守る象徴である兜が飾られたり、将来の出世に対する願いが込められているこいのぼりを庭やベランダに掲げます。

こいのぼりのポールの先には矢車を置き、その下に吹き流し、黒い真鯉、赤い緋鯉、青い子鯉という順番で設置されるのが一般的ですが、住宅が密集しているため、庭が狭かったり、あるいは庭がないという一戸建てや、マンション、アパートといった集合住宅に住んでいる家庭ではすべてが揃っているこいのぼりを立てることはなかなか難しく、ミニサイズのこいのぼりや、青い子鯉が1匹だけ付いているあるこいのぼりをベランダに揚げている家が多くなっています。

急流である竜門を登った鯉は竜になるという、中国に伝わる「登竜門」の故事を参考に、鯉が描かれた紙を町民が掲げたというのが江戸時代から始まるこいのぼりの歴史ですが、大正時代には紙から綿で作られたこいのぼりが作られたため破れにくくなり、昭和30年代には色落ちしない合成繊維のこいのぼりができました。

今では、著名なデザイナーや画家がデザインしたこいのぼりや、撥水加工や金箔が施されたもの、江戸時代から受け継がれている伝統的な技法で作られているものなど、いろいろな種類のこいのぼりがあります。

《 関連サイトのご紹介 》
第15回 自動認識総合展